Top / Graphics / 2015 / ex01

グラフィックス基礎・演習 2015年度 演習第1回 [edit]

注意 [edit]

演習の方法 [edit]

毎回いくつかの課題を出します.課題には次の三通りのものがあります.

  1. TAチェック課題 (「課題X(TA)」などと表記)
    • 締め切りまでに仕上げてTAさんの口頭試問を受ける必要のある課題
    • チェックを受けたいときは,callta を使ってください
  2. セルフチェック課題 (「課題Y(self)」 などと表記)
    • 完成目標までに仕上げて自分で理解しておく必要のある課題
    • 仕上げたら,TAさんに声をかけて(質問がなければ callta を使わなくてよい)ください
    • TAさんはあなたの自己申告に基づいてチェックリストに印をつけるだけで,課題がちゃんとできたかどうかを確認してくれるわけではありません.自分で自分の理解度をチェックしてください.嘘をつくこともできます.だからといって,セルフチェック課題をやらないで合格できる人は,たぶんいないでしょう.
  3. おまけ課題 (「課題Z(おまけ)」などと表記)
    • 上記の課題だけでは満足できない人向けのおまけ課題
    • 仕上げたら,高橋に声をかけてください
    • TAチェック課題+セルフチェック課題のみでは課題数も少なく難易度もあまり高くありません.それなりにプログラミングを学びたい人は,ぜひおまけ課題に挑戦してください.また,教科書の問題等にチャレンジするのもよいでしょう.さらに深く学びたい人は,自分で書籍等の参考資料を探しながら何か自分でやりたいことを決めて,それを実現するプログラムを書いてみると,とっても勉強になると思います.

TAチェック課題とセルフチェック課題は必修,おまけ課題はボーナス加点あるかも,です.

大学の授業は,授業時間外に学習することを前提として設計されています.この授業でも,演習時間内の努力だけで全ての課題をこなすことは想定していません.自分で教科書を読んで予習復習する/高橋のオフィスアワーに質問に来る/チューター制度を利用する/自習開放されている計算機室を利用するなどして授業時間外にも学習しなければ,当然ついていけなくなる可能性があります.

また,欠席した場合,次回の授業までに欠席した回の課題をやっておく必要があります.

課題のチェック状況については,適当なタイミングでみなさんの @mail.ryukoku.ac.jp 宛にメイルでお知らせする予定です.

計算機環境など [edit]

この演習では,龍谷大学の計算機実習室のLinux環境を用います. ファイルの操作はls,cdなどのUNIXのコマンドを用いることを前提とし,ソースファイルの編集には emacs というエディタを用いることを前提とします. この科目よりも低学年向けの科目で学んでいるはずのことではありますが,わからないことがあったら次のページを参照して自習して下さい.Docs/4UNIXBeginners

課題A(self) 完成目標: 今回の演習終了まで [edit]

以下の文だけではどうやっていいかわからないという人は,次のページを参照しなさい: Docs/4UNIXBeginners

  1. コンソールを開き,mkdir コマンドを使って,ホームディレクトリの下に Graphics2015 というディレクトリを作りなさい.
  2. Emacsを用いて,上記のディレクトリの中に G01Hello.java という名前のファイルを作りなさい.ただし,"a01055"の部分を自分の学籍番号に,"ほげほげお"の部分を自分の名前にすること.
    • check cd でディレクトリを移動してから emacs ファイル名 &
    • check cd の使い方を忘れたひとは Docs/4UNIXBeginners
  3. 作成したプログラムをコンパイルして実行し,動作を確認しなさい.
    • check コンパイルと実行の仕方は...
  4. 次のようにわざと間違えるとどんな結果になるか,ひとつづつ試して観察しなさい
    • check よく見ると,メッセージ中にエラー箇所の行番号や位置が示されていることがわかる.
    1. 7行目の "println" を "purintln" と間違えてみる
    2. 7行目の最後の ";" (セミコロン)をつけ忘れてみる
    3. 3行目の G01Hello をわざと別の名前にかえてみる(詳しくは今後説明しますが,このプログラムの例では,この名前はソースファイル名の ".java" より前の部分と一致していないといけません)

課題B(self) 完成目標: 今回の演習終了まで [edit]

この課題は以下の通りです. 以下の文だけではどうやっていいかわからないという人は,次のページを参照しなさい: Docs/4UNIXBeginners

  1. 課題Aで作ったディレクトリの中に turtle というディレクトリを作りなさい
    • check cdコマンドでディレクトリを移動できるか? たとえばホームディレクトリ(コンソール起動直後にいるディレクトリ)の中の Graphics2015 というディレクトリに移動したい場合,cd コマンドをどのように実行すればよい?
    • check 自分で turtle ディレクトリを作成できるか?
    • check コンソールで次のように順次コマンドを実行し,何が起こっているか考えなさい.
       $ cd      
       $ pwd      pwdは,現在いるディレクトリ(カレントディレクトリ, present working directory)を表示する
       $ ls
       $ cd  Graphics2015/turtle   (Tabキーを使った補完を活用しよう.たとえば G を入力したらTabキーを押してみる,
                                                         tu を入力したらTabキーを押してみる,等 ) 
      $ pwd
      $ ls
      $ cd  ..
      $ pwd
      $ ls
      $ cd  ..
      $ pwd
      $ ls
      
  2. Graphics/Link から Turtle.java と TurtleFrame.java をダウンロードしなさい. 保存先は上記で作った turtle の中にすること(コンパイルや実行はしない).ヒント:右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」
  3. turtleディレクトリ中に T21.java というファイルを作りなさい(内容は教科書p.10の通り).注意: このプログラムの詳しい説明は次回の講義で行います.まずは雰囲気をつかんでみて下さい.
  4. T21.java をコンパイルして,lsしてみなさい.
    • check T21.java は TurtleクラスとTurtleFrameクラスを利用しているので,うまくコンパイルできた場合,turtle ディレクトリの中に T21.class 以外にも Turtle.class や TurtleFrame.class などが自動的に作られているはずである.ls を実行し,そのことを確認しよう.
  5. T21.class を実行し,動作確認しなさい.
    • check 教科書の指定通りの動作をしているか?
    • check これは次回の講義で説明することだが,2匹の亀は m と m1 という変数で表されている. 上の方の亀は,m と m1 のどちらだろう?
  6. 実行結果が以下の図のようになるように T21.java を修正しなさい.かめの位置や向きの基準については,教科書p.8参照.
    • check 要求通りの動作をしているか?
    • check 一度ソースを完成させてコンパイル済みのプログラムを,変更せずにもう一度実行する場合,以下のどちらが適切?
      • 「javac ほげ」してから「java ほげ」
      • 「java ほげ」のみ
T21.png

課題C(TA) 締切: 次回演習開始直後 [edit]

教科書p.13の練習問題2.1をやりなさい.ただし,

  • ソースファイル名は教科書の指示通り P20.java とすること.
    • check ソースファイルはどこに作ったらよいか,自分でよく考えよう
  • 図2.1のような星型が描けたら,星の向きがまっすぐ( のような向き)になるように修正すること.
    • check 小学校の算数ですが...何度回転させたらよい? (何通りかありえます)
  • 「これは繰り返しやからふぉー」って人は教科書の目次を見てみよう

課題D(おまけ) [edit]

  1. 以下のリンク先からソースファイルをダウンロードし,実行してみよう. このプログラムは Turtle クラス等は使っていないので,Graphics2015 の下に置いたらよい.
  2. 重りの質量(m1,m2)や振り子の長さ(l1,l2)をいろいろ変えて実行してみよう
    • このプログラムそのものはこの科目の範囲外ですが,数理情報学科で学ぶ物理,数値計算,計算科学などの知識と,この科目で学ぶ内容で理解できます.

おまけ [edit]

  • C言語プログラムの実行形式ファイル(Mac OS Xの環境で実行できるようにコンパイルしたもの) G01Hello-mac
  • C言語プログラムの実行形式ファイル(Linuxの環境で実行できるようにコンパイルしたもの) G01Hello-linux
  • Java のクラスファイル G01Hello.class

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-19 (日) 09:08:40 (889d)