Top / AProg / result / 2016

応用プログラミング及び実習 2016年度 結果 [edit]

AProg/result/2015 | AProg/result/2014 | 2013年度は前後半ともさのせんせい担当でした | AProg/result/2012

前半分の成績評価の方法 [edit]

成績評価法の概要はシラバスに記載されている通りですが,前半分の総合評点(この科目全体の評点100点のうち50点分)は次のように評価します.

(前半分の総合評点) = 30x(Quizの得点率) + 20x(演習課題の得点率) + (おまけ課題分)

Quizの得点率
Quiz01からQuiz08までの得点合計から算出.Quiz01 は5点,Quiz02からQuiz08 は10点で,Quizの合計は最大75点.ただし,70点を満点とみなす.
演習課題の得点率
selfチェック課題を1点,TA&takatakaチェック課題を2点とした得点合計から算出.演習課題の得点合計は最大は39点.
おまけ課題分
演習のおまけ課題の分.

上述のようにおまけ要素があるため,前半分の総合評点は 50 を超えることがあり得る. その場合,一定の超過分はトータルの成績評価時に考慮する. 例えば前半が52点で後半が38点だった場合,この科目の総合評価は90点となる(合計が100点を超えても総合評価は残念ながら100点です.他の科目に繰り越したりはできません (^^) ).

前半分の成績データ [edit]

点数分布 [edit]

受講者(履修辞退者を除く)の得点率分布.ここに示した「前半の総合評点」にはおまけ課題分がまだ含まれていません.

QUIZ演習課題前半の総合評点
2016AProg2016-Quiz0202.pngAProg2016-Exercise0202.pngAProg2016-QE0202.png
2015AProg2015-Q1115.pngAProg2015-E1115.pngAProg2015-QE1115.png

Quiz vs 演習 [edit]

  • 横軸: Quizの得点率,縦軸: 演習課題の得点率
  • 直線は上から順に,前半の総合評点が50点,40点,30点のライン
2016年度2015年度2014年度
AProg2016-QvsE0202.pngAProg2015-QvsE1115.pngAProg2014-QvsEnew.png

総合成績のデータ [edit]

  • 100点満点(高橋分50点 + さの分50点)
  • 登録者数 - 辞退者等数 = 102 - 0 = 102
  • 合格者数 = 62

点数分布 [edit]

2016年度2015年度2014年度
AProg2016-Final0202.pngAProg2015-Final0126.pngAProg2014-Final0125.png

前半 vs 後半 [edit]

  • 直線は上から順に,総合評点が100, 90, 80, 70, 60点のライン
2016年度2015年度2014年度
AProg2016-TvsS0202.pngAProg2015-TvsS0126.pngAProg2014-TvsS0125.png

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-02 (木) 10:10:31 (49d)