Top / AProg / 2020 / ex01 / A / mac / Step3

応用プログラミング及び実習 2020年度 ex01 [edit]

Table of Contents

ex01A Step3 Mac編 [edit]

作業場所(AProg2020フォルダ)の整備 [edit]

この授業の活動で作成・使用するファイルたちを置く場所として,AProg2020 というフォルダを作成したりします.

(1) Finder で拡張子が表示されるようにする

  1. Finderを起動
  2. 画面上部のメニューバーで 「Finder」 > 「環境設定」 とたどる
  3. 「詳細」タブで「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れる

Finder_config.png

(2) ターミナルを開いて,以下のようにコマンドを実行する.

%  cd
%  cd  Desktop
%  mkdir  AProg2020    (AとPが大文字)

(5) デスクトップに AProg2020 フォルダができているはず

VSCode の Python 開発環境の整備+はじめての Python プログラミング [edit]

(1) VSCode を起動

(2) 「フォルダーを開く」を押して,「デスクトップ」>「AProg2020」を選択

特に理由がない限り,「ファイルを開く」ではなくこのように「フォルダーを開く」を使いましょう

VSCode-python1.png

(3) ウィンドウ左の方のフォルダ名の近くにカーソルを持っていくと「新しいファイル」という説明のついたアイコンが出てくるのでクリック

(4) ファイル名(ここでは hoge.py とする)を入力

(5) hoge.py の編集画面が開く

VSCode-python2.png

(6) 上記のように「Python拡張機能」がおすすめされるので,「インストール」

(7) 「Linter pylint is not installed」と言われる.「Install」

(8) いったん VSCode を閉じて開き直す(「フォルダーを開く」で).

さきほどまで開いていた hoge.py は自動的に開いた状態になるはず

(9) hoge.py の中身を書いて保存する

  • 中身は
    print('ほげほげ')
    という1行だけ.「ほげほげ」の前後は「シングルクォーテーション」(一般的な日本語キーボードではShift+7)ですが,「ダブルクォーテーション」(Shift+2)でも構いません.
  • ファイルの保存は,「ファイル」>「保存」,または Command+S

(10) VSCodeのウィンドウ下部のターミナルで hoge.py を実行してみる

  • 以下の画像は Windows 版のものなので,実際といろいろ違ってます(手抜きでごめんなさい).特に,Mac では python3 コマンドを使うことに注意.
  • VSCode 内にターミナルウィンドウが表示されてなければ,「表示」>「ターミナル」で開けます
  • hoge.py を実行するには次のように入力して Enter (% は自分が打つ文字ではありません).
    % python3  hoge.py

VSCode-python3.png

(11) ターミナル上でも実行してみよう

  1. ターミナルを起動
  2. cd コマンドでフォルダを移動
    % cd  Desktop/AProg2020
    とすれば AProg2020 フォルダへ移動できる.
    • 以下のように cd コマンドによる移動を2回行っても構いません.
      % cd  Desktop
      % cd  AProg2020
      
  3. ls コマンドで現在のフォルダの内容を一覧.hoge.py が見えるはず
    % ls
  4. python3 コマンドを,引数に hoge.py を指定して実行
    % python3  hoge.py
  5. ちゃんと実行されて結果が表示されることを確認しよう

ex01/A Step1 Step2 Step3 Step4 Step5


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-17 (木) 17:51:19 (9d)