Top / CPRO2

CPROおまけぺえじ[edit]

http://tortoise1.math.ryukoku.ac.jp/~takataka/course/cpro2/

ソートアルゴリズムの比較実験に役立つかもしれない情報[edit]

  • 注意!その一 12月2日のレポート課題では,例えば学籍番号 T987654 の人は
    srand(0987654), srand(1987654), srand(2987654),...
    を使って乱数を初期化するようにという指示がありましたが,このようにすると問題が生じることがあります.
    srand(X987654)   X = 1,2,3,4,5
    のようにして実験を行なって下さい. というのも,0987654のように先頭に'0'がついた整数値はC言語では8進数とみなされてしまい,「8進数の数に9や8が含まれている」というエラーになるからです.
  • 注意!その二 12月2日のレポート課題ではデータ数10万個までの実験を行うように指示されていますが,5万個までで構いません.
  • グラフを作成するためには,gnuplotを使うとよいかもしれません → 「GNUPLOTの使い方
  • gnuplotで表示したグラフを印刷するためには,上記のページのファイル入出力のセクションに書いてあるように
    gnuplot> set terminal postscript
    gnuplot> set output "hoge.ps"
    gnuplot> replot
    として,カレントディレクトリにできる hoge.ps というファイルを印刷,つまり
    % lpr hoge.ps
    すればよいでしょう.
  • 対数目盛りでグラフを描くとうれしいかもしれません(アルゴリズムの講義の話を思い出しませう)
  • 単に乱数データを並べ替える実験だけでなく,「既にソートされてるデータ」「逆順のデータ」「ほとんどソートされてるデータ」などでも実験してみると楽しいです.

いろんなおまけ[edit]

http://tortoise1.math.ryukoku.ac.jp/~takataka/course/cpro2/ のおまけへどうぞ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-13 (水) 13:45:19 (1712d)