#author("2019-05-18T10:35:26+09:00","default:takataka","takataka")
#author("2019-05-23T16:44:18+09:00","default:takataka","takataka")

*グラフィックス基礎及び実習 2019年度 第6回 [#e9701092]
 
#contents
 
&color(#ff0000){工事中}; 
//&color(#ff0000){工事中}; 


**課題A(self) 完成目標: 今回の実習終了まで [#kadaiA]

+ 右のリンク先のPDFファイルを閲覧し,手書きの部分を講義資料に書き写しなさい.[[資料(学内アクセス限定)>Graphicsgakunai:scan2018-06-p1.pdf]]
+ 資料 2/5 の Q1 をやりなさい.実際にプログラムを修正すること.
+ さらに次のことをやりなさい
-- javafx.scene.paint.Color.RED を Color.RED とだけ書けば済むようにプログラムを修正する
-- [[Graphics/Link]] から JavaFX の API使用のページをたどって自分の好みの色を探し,Color.RED をそれに変える.Color クラスのコンストラクタを使用して自分で色を作ってもよい.
+ HTurtle に次の仕様で定められる house メソッドを定義し,T51 の適当なところでこの house メソッドを呼び出して動作確認しなさい.
>
:void house(double s, double x, double y)| 座標 (x, y) の位置から,一辺の長さ s の家の絵を描く.
<
注意
-- &color(blue){この house メソッドは元からある方の house メソッドを利用するように作ること.};
-- &color(blue){動き方によって家が傾くことのないようにすること.};


**課題B(self) 完成目標: 今回の実習終了まで [#kadaiB]

+ 右のリンク先のPDFファイルを閲覧し,手書きの部分を講義資料に書き写しなさい.[[資料(学内アクセス限定)>Graphicsgakunai:scan2018-06-p23.pdf]]
+ 教科書 p.51, 52 の T52.java と Stepper.java を作成しなさい.
+ コンパイルして動作確認しなさい.ちなみに,T52 は Stepper を利用するので,
 $ javac T52.java
を実行すると Stepper.java もコンパイルされる.ただし,Stepper.class が存在し最新(Stepper.javaより新しい)ならコンパイルは省略される.
+ 資料 3/5 の Q2 をやりなさい.実際に Stepper.java を修正してみよう.
+ 資料 4/5 の Q4 をやりなさい.
++ 実際に Stepper.java を修正し,T52 の動作を確認しよう.T52 の m1.n や m2.n のところも Stepper.n に書き換えよう.
++ 上記で書き換えたところを元に戻して,今度は size をクラス変数にしてみよう.T52 のm1.size と m2.size も Stepper.size に書き換えて,それぞれで違う値を代入して動作を確認しよう.
++ 後で混乱しないよう,プログラムを元に戻しておこう.Stepper の this は付けたままでよい.


//&color(white,blue){check};



**課題C(TA) 締切: 次回の実習開始直後  [#kadaiC]

授業で出てきた HW クラスを自分で作ろう.HW クラスの API 仕様は第5回講義資料の 1/4 に載っている.

#ref(https://www-tlab.math.ryukoku.ac.jp/~takataka/course/Graphics/HW-ex06C.png,nolink)

+ 上記を参考に,HW.java を作りなさい.ただし,&color(blue){まずはフィールド,コンストラクタ,print メソッドのみを書くこと};.
-- &color(white,blue){check}; 上記を見るとわかるように,実は Java には printf というメソッドがある(昔の Java にはなかった).C言語の printf に似ている.
+ 動作確認のため,G05Fugayo.java をコピーして G06Fugayo.java を作り,次のように修正すること.
-- HW クラスのかわりに HWsample を使ってるはずなので,HW に修正
-- まだ HW クラスには calcBMI や printHimando メソッドを定義してないので,それらを使ってる行はコメントにしておく
+ こうして作った G06Fugayo.java をコンパイルして動作確認する.
+ HW.java に 残りのメソッドの定義を書く
+ G06Fugayo.java のコメントをはずしてコンパイル・動作確認する.



**課題S(omake)  [#kadaiS]

//&color(#ff0000){工事中}; 

+ 教科書 p.60 からの 5.7 節を読みなさい.
+ p.61 の GraphDrawer.java を作りなさい.ただし,このプログラムの1行目には
 package graph
と書いてある.これについて理解するには,p.54, 55 を読めばよい.
+ p.62 の練習問題 5.15 をやりなさい(GraphDrawer52).

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS