#author("2020-05-15T14:16:09+09:00","default:takataka","takataka")
#author("2020-05-15T15:17:11+09:00","default:takataka","takataka")
*グラフィックス基礎及び実習 2020年度 授業第6回 [#kd45822f]
 
//&color(Red){''工事中''};

#contents

**授業の進め方と準備 [#l5135b5b]

前回までの作業ができてないひとは,まずは以下を確認して準備しておいてください.自前のPCを用意できない方については,Teams上で案内し(て)ます.
- [[Graphics/2020/ex00]]
- [[Graphics/2020/ex01]]
- [[Graphics/2020/ex02]]


授業中の主な活動は,Graphicsチーム内で行います.そちらを確認してください







**ex06  課題A [#kadaiA]

//&color(Red){''工事中''};

''提出期限: 0515金16:50''

Step4 の動画中で言ってる「HW.java + G05Fugayo.java を自分で作りながら…」をやりましょう.

+ [[HWSample.class>Graphics:HWSample.class]]  を自分の手元にダウンロードして,実行してみる.
-- HWSample クラスは,資料で説明している HW クラスと同じ機能のクラス(クラス名だけが異なる)です.
-- 実行するとこんなんなるはず
 > java HWSample
 HWSampleクラス ver.20180504 だよん
+ G05Fugayo.java を作り,動作確認する
-- &color(red){''HW クラスのかわりに HWSample クラスを使います.したがって,資料等で HW クラスを使うことになっている箇所は,全て HWSample と読み替えましょう.''};
-- 動画中で言ってるように,「行を追加→コンパイル→実行→デバグ」を繰り返しながら進めましょう
+ VSCode で G05Fugayo.java を開いた状態のスクリーンショットを撮り,その画像をこの科目の Moodle コース上の当該の場所へ提出してください.
&color(red){''ただし,スクリーンショットの撮影の仕方について Teams 上に注意があるので,そちらを確認すること''};:

スクリーンショットの撮り方を忘れたひとは https://www-tlab.math.ryukoku.ac.jp/wiki/?Graphics/2020/ex02#screenshot へ
**ex06  課題B [#kadaiB]

//&color(Red){''工事中''};

''提出期限: 0515金18:30''
+ T51.java と HTurtle.java を作り,動作確認しなさい.
+ &color(red){T51.java の main 中の最後の行に,System.out.println メソッドを使って自分の学籍番号と氏名を出力する行を追加する};
+ 完成したら,プログラムのソースファイル(&color(red){''2つとも''};)をこの科目の Moodle コース上の当該の場所へ提出してください.
-- この科目の Moodle コースへの参加法などは Graphicsチーム上で説明してます
-- 上記ファイルは締切後に自動的に処理します.コンパイルエラーになる,ファイル名が違う,といったことのないように注意してください.''ファイル名の間違い(大文字小文字も)に注意''.

**ex06  課題C [#kadaiC]

//&color(Red){''工事中''};

''提出期限: 0521木23:59''


次のことを順番にやりなさい.
+ HTurtle.java をコピーして HHogeTurtle.java というソースファイルを作る.
+ HHogeTurtle.java を次のように修正する
-- HHogeTurtle クラスが [[第5回課題C>Graphics/2020/ex05#kadaiC]] の HogeTurtle クラスを拡張したものになるようにする.polygon および house メソッドはそのままでよい.
-- HogeTurtle は Turtle を拡張したものだった.HHogeTurtle はさらにその HogeTurtle を拡張したものとなる.
+ T51.java をコピーして G05HHT.java というソースファイルを作る.
+ G05HHT.java を次のように修正する
-- HTurtle のかわりに HHogeTurtle を使う
+ G05HHT が T51 と同じ動作をすることを確認する.
+ G05HHT.java をさらに修正し,実行結果が下図の通りになるようにする.ただし,HHogeTurtle クラスには引数ありのコンストラクタが定義されていない(詳しくは次回以降説明する).下図のような結果を得るためには,右下の方のかめインスタンスを表す変数を h として,次のように書けばよい.
+ G05HHT.java をさらに修正し,実行結果が下図の通りになるようにする(図形の大きさ等は適当に調整すること).ただし,HHogeTurtle クラスには引数ありのコンストラクタが定義されていない(詳しくは次回以降説明する).下図のような結果を得るためには,右下の方のかめインスタンスを表す変数を h として,次のように書けばよい.
#pre{{
        :
HHogeTurtle h = new HHogeTurtle();  
(フレームに載せ,やる気アップ)
h.up();
h.moveTo(295, 300);
h.down();
(やつを描く)
     :
}}
+ 完成したら,プログラムのソースファイル(&color(red){''2つとも''};)をこの科目の Moodle コース上の当該の場所へ提出してください.
-- この科目の Moodle コースへの参加法などは Graphicsチーム上で説明してます
-- 上記ファイルは締切後に自動的に処理します.コンパイルエラーになる,ファイル名が違う,といったことのないように注意してください.''ファイル名の間違い(大文字小文字も)に注意''.

#ref(https://www-tlab.math.ryukoku.ac.jp/~takataka/course/Graphics/G05HHT.png,nolink)

**ex06 課題S [#kadaiS]

//&color(Red){''工事中''};

''期限: 0529金18:30.これはおまけ課題です.やらなくても減点になりません.やったら加点かも''  上記期限まではおまけ課題として棒茄子点をつけますが,それ以降も以下の設定はやることをおすすめします.


次のことをやりましょう.
+ 今回の Step7 の動画を視聴して,実際に VSCode の設定をする
+ 設定できたことが確認できる画面をキャプチャして,takataka にチャットで送る

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS