#author("2017-09-24T18:02:50+09:00","default:takataka","takataka")
*SJS2016 ex04 [#f69bd8f1]

課題いっぱいありますが,1回で全部終わらせようという意図ではありません.
自分で進められるひとはどんどん先へ進めたらよいですが.

#contents
**これまでの分 [#kbc5dcd1]

- 以前の分を全て報告してokをもらってから,今回分にすすみましょう.


**課題A [#w83b99ab]

Python + OpenCV 入門

***step1 プログラムを書く [#dd5c8e25]

#gist(f4f1a5309d145883c9a3)

***step2 実行する [#n96ed989]

まず,右の画像を手元に保存します.
&ref(SJS/blackuni3.png);

そして,次のようにプログラムを実行します.
 $ python displayimage.py
hoge.png という画像ができてるので,眺めます
 $ open hoge.png          注1: 以下参照
 $ display hoge.png &    注2: ImageMagick の display コマンドを使う場合

注1:  open は Mac OS X 独自のコマンド.関連づけられているアプリケーションに渡して実行.デフォルトでは「プレビュー」が開く.

OpenCV に関する情報は,http://docs.opencv.org/3.1.0/ などへどうぞ.
OpenCV に関する情報は,http://docs.opencv.org/3.3.0/ などへどうぞ.または,「opencv python ほげ」等でググるのもよいでしょう.

**課題B [#e4ff231e]

Python + OpenCV 入門(2)


上記のプログラムを次のように変更しよう
+ 画像の向きの反転のかわりに,画素値の反転をさせた画像を作り,それを表示&出力する.ヒント: OpenCV+Python では画素値を Numpy の array に格納します.それがわかれば 255 から引くだけなので1行で書けます.
+ 元の画像と,それを上下反転させた画像の平均(両者を足して2で割る)を作り,それを表示したり出力する.
--まずは単純に足して2で割ってみよう.うまくいかず化け猫がでてくるはず.
--うまくいかない理由を考えよう.たとえば img の内容を表示させてみると
#pre{{
In [2]: img
Out[2]: 
array([[[161, 143, 142],
中略
        [160, 152, 152]]], dtype=uint8)
}}
となっていて,dtype が uint8 となっている.これが怪しい.
+元の画像と,それを上下反転させた画像の平均をちゃんと作れるようにしよう.
-- 画素値の入っている np.array の dtype を 変えるのがよいだろう.ヒント:
#pre{{
In [1]: x  = np.array([1,2,3])

In [2]: x.dtype
Out[2]: dtype('int64')

In [3]: y = np.array([4,5,6])

In [4]: z = (x + y)/2

In [5]: z
Out[5]: array([2, 3, 4])

In [6]: z.dtype
Out[6]: dtype('int64')

In [7]: x.astype(float).dtype
Out[7]: dtype('float64')

In [8]: z = (x.astype(float) + y)/2

In [9]: z
Out[9]: array([ 2.5,  3.5,  4.5])

In [10]: z.dtype
Out[10]: dtype('float64')
}}

**課題C [#x74aa91c]

Python + OpenCV 入門(3)

適当な画像に適当な処理を施すプログラムを作りなさい.ただし,画像の拡大と縮小をする処理を必ず入れること.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS