[[Vision/2017/ex01]]

*視覚認知計算特論 2017年度 演習その2 [#w8b5d0a5]

//&color(red){工事中};

- 演習のための準備についてはこちら → [[Vision/2017/ex00]]
- 課題の提出法や期限については,授業中に説明します
- Gist 上のこの科目の場所 https://gist.github.com/takatakamanbou/43c798dcb2b4f217df3d3bbb7c69b225

**課題A [#kadaiA]


+上記の「Gist上の...」のリンク先から gendat0430.py をダウンロードして実行しなさい.
+このプログラムは,ある3次関数にノイズをのせたデータを生成するものである.どんな3次関数を使っているかプログラムを読み解きなさい.また,どんなノイズをのせているか,関数名などを頼りに調べなさい.
+ gnuplot で,x軸の範囲を [-1.5, 2.5],y軸の範囲を [-4, 8] として,元の関数と出力されたデータを重ねたグラフを描きなさい.
+ n と nsig をいろいろ変えて同じことをやりなさい.それらを固定して,seed を変えて同じことをやりなさい.  


**課題B [#kadaiB]

+ Gist から ex0430.py をダウンロードし,実行しなさい.このプログラムは,leastsquares.py および gendat0430.py を利用している. 
+ 実行すると表示される mean squared error (MSE) が何を表しているか,プログラムを読解しなさい.
+ 実行すると,カレントディレクトリに ex0430_data.txt と ex0430_result.txt という二つのテキストファイルができる.これらの中身が何を表しているかプログラムを読解するとともに,
次のように gnuplot でグラフを描き,その意味を理解しなさい.
 gnuplot> plot [-1.5:2.5][-4:8] "ex0430_data.txt","ex0430_result.txt" w l,"ex0430_result.txt"u 1:3 w l
+ D をいろいろ変えて,MSE の値やグラフがどのように変化するか観察しなさい.

**課題C [#kadaiC]

leastsquares.py に正則化を考慮した関数 solve3 を定義し,ex0430.py を修正して実験してみよう.詳しいことは授業中に説明します.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS