#author("2019-06-16T21:21:26+09:00","default:takataka","takataka")
#author("2019-06-16T21:21:45+09:00","default:takataka","takataka")
*視覚認知計算特論 2019年度 演習その5 [#w8b5d0a5]

&color(red){工事中};
//&color(red){工事中};

- 課題の提出法や期限については,この科目の Slack ワークスペースで説明します

#contents

**課題A [#we169c6f]

***やること [#v8354f36]

- 以下の Colab Notebook を開いて実行,記された指示にしたがう.
- Colab Notebook の扱いについては,[[Vision/2019/ex04]] 参照

***報告すること/もの [#hb4ad0ad]

+ 正しい関数 update() のコード
+ 実験結果とその考察

&gist(57283a5fd0717549ae1ee4b6a43cf4b1);

**課題B [#s565116c]

***やること [#v8354f36]

以下の Colab Notebook を開いて実行,記された指示にしたがう.
***報告すること/もの [#hb4ad0ad]

実験結果とその考察

&gist(439a7d91054772001ba5898533d52637);


**課題C [#z228b3f0]

***やること [#v8354f36]

- 以下の Colab Notebook を開いて実行,記された指示にしたがう.

***報告すること/もの [#hb4ad0ad]

- 実験結果とその考察
-- NN クラスの中身をいじることで,中間層の数を変えることができます.さらに,nn.Linear() の引数をいじることで,ニューロン数を変えることができます.いろいろ設定を変えて実験し,結果を比較しましょう.
-- メニューから 「ランタイム」> 「ランタイムのタイプを変更」> 「ハードウェアアクセラレータ」を None から GPU へ変更,とすることで,GPU を使って実行させることができるようになります.CPU の場合と GPU の場合の違いも考察しましょう.


&gist(69a377489de1b92f5a3be36f444a0d38);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS