**学位論文(修士) [#master]

各タイトルは要旨のPDFファイルにリンクしています(学内からしか見えません). 論文を閲覧したい方はtakatakaをお訪ねください.
***2016年度M2 [#z2729e51]

,岡田周大,画像中の物体の位置情報を利用した畳み込みニューラルネットワークの学習による物体認識
,岡田周大,[[画像中の物体の位置情報を利用した畳み込みニューラルネットワークの学習による物体認識>thesisgakunai:2016/t15m001-okada-summary.pdf]]

***2011年度M2 [#t02c5ab4]

,&color(Gold){★};村下仁嗣,画像検索のための近似最近傍探索アルゴリズム

&color(Gold){★}; [[ベストプレゼンテーション賞>http://www.math.ryukoku.ac.jp/bestp/bestp.shtml]]を受賞しました([[2011年度ベストプレゼンテーション賞>http://www.math.ryukoku.ac.jp/bestp/2011master.shtml]])
***2010年度M2 [#v1e13c8b]

,坂口寛朗, UCTアルゴリズムを用いたブロックス・デュオのゲーム木探索とその性能評価
***2009年度M2 [#z0bea405]

,高橋篤史, 部分空間法に基づく顔検出の改良とそのトラッキングへの応用
***2007年度M2 [#wd21aca0]

,&color(Gold){★};下津奉久,ガボール特徴行列に対するフィッシャー重みマップを用いた顔画像からの表情認識
,中條貴雄,カーネル法による顔画像に基づく年代識別
,&color(Gold){★};中村慎一,カラーヒストグラム間の距離を用いた自然画像と人工画像の分類

&color(Gold){★}; [[ベストプレゼンテーション賞>http://www.math.ryukoku.ac.jp/bestp/bestp.shtml]]を受賞しました([[2007年度ベストプレゼンテーション賞>http://www.math.ryukoku.ac.jp/bestp/2007master.shtml]])
***2006年度以前のM2 [#pc7a1dcf]

2006年度以前のものについては [[takataka]] にお問い合わせください.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS