Top / Graphics / 2021 / Setup / ConfigureVSCode

Graphics/2021用】 Visual Studio Code の設定 [edit]

2021年度「グラフィックス基礎及び実習」で利用するエディタ Visual Studio Code の設定の話です.

Table of Contents

起動 [edit]

Windows
デスクトップのアイコンをクリック,またはスタートメニューから「Visual Studio Code」を選択して起動.起動後は,タスクバーのアイコンを右クリック(またはCTRL押しながらクリック)して「タスクバーへピン留め」しとくとよい.
macOS
Finderから 「アプリケーション」の中のアイコンをクリック,または「Launchpad」から.起動後は,Dockのアイコンを右クリック(またはCTRL押しながらクリック)して「オプション」 > 「Dockへ追加」しとくとよい.
実習室Linux環境
コマンドラインから(「端末」で)
$ code
または,デスクトップ左下の 田 な感じのアイコンをクリック > Visual Studio Code. 起動後は,ランチャーのアイコンを右クリックして「お気に入りに追加」しとくとよい.

メニュー等の日本語化 [edit]

(1) VSCode を起動.

ssVSCodeJapanize1.png

(2) 左のアイコン(四角形4つ田で右上のだけ浮いてる) をクリックして,上の検索窓へ japanese と入力すると,インストール可能な拡張機能がずらずら出てくる.たぶん一番上に「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」というのがある(Microsoft が作者のもの)ので,Install を押す.

ssVSCodeJapanize2.png

(3) ポップアップウィンドウが出て,「設定を有効にするには再起動が必要」みたいなことを言われる.「Restart」をクリック.

(4) VSCode が再起動すると,メニュー等が日本語されている.

ssVSCodeJapanize3.png

【Windowsのみ】 Java ソースファイルの文字コード設定を Shift JIS にする [edit]

Windows以外の環境ではこの作業を行ってはいけません

コンピュータで文字を扱う際は,文字や記号を0/1の並びに対応づけることが必要です.その体系を「文字コード」と言います. 日本語の環境だと,UTF-8Shift JIS(SJIS) と呼ばれるものを目にする機会が多いでしょう. 日本語を扱う場合,近頃の Linux や macOS では UTF-8 が標準なのですが, Windows は昔から Shift JIS が標準です. 文字コードを間違えるといわゆる「文字化け」になりますので,情報をやりとりする際に気をつけないといけません.

VSCode では Windows 環境でも UTF-8 がデフォルトなので,そのままだと,日本語を含むファイルを UTF-8 で符号化してしまいます.一方で, InstallJDK でインストールしてもらった JDK のコンパイラ javac は,Shift JIS を受け付けます. VSCode で日本語を含むプログラムを作っても,そのままでは javac でコンパイルできない(エラーが出る)ことになります.

javac にオプションを付けて問題を解決する方法もありますが,面倒なので,ここでは「VSCode に,拡張子 .java のファイルだけは Shift JIS で保存させる」ことにしましょう(本当はプログラムの出力の文字コードの話もありますが,気にしなくても問題が発生しないのでここでは省略します).

設定の手順はおおまかには以下の通りです.

  1. 「管理」(左の歯車のアイコン) > 「コマンドパレット」 > 「基本設定: 言語固有の設定を構成します...(Preferences: Configure Language Specifig Settings...)」
  2. 「言語の選択」 で Java を選ぶ > settings.json というファイルの編集画面になる
  3. files.encoding の値を shiftjis にする

文章やスクリーンショットだけで説明するのが難しいので,動画 (学籍番号@mail.ryukoku.ac.jp の Google アカウントでアクセスしてください)にしました. そちらを見ながら設定してね. 設定が正しくできたかどうかは,このページの設定を先へ進めれば確認できます.

Java ソースファイルの新規作成 & Java 用拡張機能のインストール [edit]

  • 「デスクトップ」に Graphics2021 という名前のフォルダ(ディレクトリ)を作り,その中に G01Hello.java という名前の Java ソースファイルを作ります.
  • Java プログラミングのための VSCode 拡張機能の設定をします.

(1) デスクトップに Graphics2021 というフォルダを作成.

(2) VSCode で「フォルダを開く」.

「ファイル」 > 「フォルダを開く」(macの場合は 「開く...」) > Graphics2021を指定して「開く」

個々のファイルを開くのではなく,このように「フォルダを開く」を使いましょう.いろいろ便利です.

(3) ファイルを新規作成する.

ssVSCodeNewFile.png

(4) Java用拡張機能をインストール.

はじめて拡張子 .java のファイルを作成しようとすると,「Java にお勧めの拡張機能をインストールしますか?」というポップアップが出てきます.「インストール」を押しましょう.

上記のようにならなかった場合は,左のアイコン(四角形4つ田で右上のだけ浮いてる) をクリックすると「推奨」のところに Java Extension Pack というのが出ていると思いますので,それを選択して「インストール」を押しましょう.

一部拡張機能の無効化 [edit]

上記の作業で,「Java Extension Pack」などいくつかの Java プログラミング用拡張機能がインストールされますが,そのうちの「Debugger for Java」を無効化します. 本当は便利なものなのですが,この授業の設定だと初心者の混乱を招きがちなので....

(1) 以下の手順で「無効にする」をクリック.

ssVSCodeInvalidateDebugger4Java.png

(2) ポップアップが出てきて「依存している拡張機能も無効にするか?」と聞かれるので「すべて無効にする」をクリック.

  • Debugger for Java に依存している Java Test Runner なども無効化されます.
  • 「再読み込みが必要です」と言われるのでクリックして再読み込みしましょう

G01Hello.java を書いてコンパイル&実行 [edit]

(1) G01Hello.java を書いて保存.

  • 内容は講義資料参照.
    • 「a01055」と「ほげほげお」は,自分の学籍番号と氏名にしてね.
  • 以下の画像の (1) のところが次のようになっていることを確認.
    • 実習室Linux または macOS なら UTF-8
    • Windows なら Shift JIS (そうなってない場合は,設定をやり直しましょう)
  • 保存は,「ファイル」 > 「保存」 または CTRL+S

ssVSCodeRunJava.png

(2) ターミナルを開いてコンパイル&実行.

  1. 「ターミナル」 > 「新しいターミナル」 と選択すると,画像の (2) のようにウィンドウが分割されてターミナルが開く.
  2. 実習室Linux や macOS では 「bash」または「zsh」となっているところは,Windows では「power shell」となっているでしょう.また,プロンプト(カーソルの前に表示されている文字列)も環境によって異なります.
  3. ターミナル内で ls コマンドを実行して, G01Hello.java があることを確認
  4. コンパイル
    javac  G01Hello.java
  5. コンパイルが成功すると, G01Hello.class という名前のファイル(クラスファイル)ができます
  6. 実行
    java  G01Hello

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-29 (月) 17:54:26 (23d)