Top / SJS / 2020

2020年度数理情報セミナー [edit]

https://www-tlab.math.ryukoku.ac.jp/~takataka/images/takahashiken.gif


配属希望者向け情報 [edit]

現在2020年度メンバー募集中です \(@_@)/ 終了しました

資料など [edit]

  • 2020年度数理情報セミナー配属説明会資料 filesjs2020-takataka.pdf
  • 2020年度数理情報セミナー配属説明会動画 高橋パート(4分) (閲覧には @mail.ryukoku.ac.jp のアカウントでのサインインが必要かつ数理のひと限定です)
  • 過去のページ
    • 2019年度 SJS/2019 説明会資料や課題など
    • 2018年度 SJS/2018 説明会資料や課題など
  • 特別研究関係 tlabのページ(卒論のタイトルや概要.動画もあり)

話をしたい方は [edit]

質問がある,詳しい話を聞きたい,配属希望,ただの冷やかし,という方は,なるべく早いうちに高橋へ連絡ください.Teamsチャットが早いと思います.

以下は,現時点で高橋の反応が良さそうな時間帯です.これ以外の時間帯でも随時対応しますので,適当にメッセージ投げてください.

  • 0623火: 昼休み(オフィスアワー),4講時以降
  • 0624水: 5講時のSJS説明会のあと
  • 0626金: 昼休み(オフィスアワー),18:30以降
  • 0629月: 昼休み(★)
  • 0630火: 昼休み(オフィスアワー),4講時以降
  • 0701水: 夕方以降
  • 0702木: (メッセージ投げてみてね)

★: この時間帯は,事前に連絡してもらえたら,TLAB現4年生かつ去年TLABでSJSやったひとと(なんなら高橋ぬきで)話をできるようセッティングすることも可能です.

その他の情報 [edit]

卒業研究・修士の研究はどんな感じかな [edit]

関連するようなしないようなあれこれ [edit]

2019年度のSJSの進行 [edit]

だいたいこんな感じでした

  1. mac を崇め奉る会(macの設定をして環境を整える)
  2. Python 入門
  3. Python + NumPy 入門
  4. Python + OpenCV 入門
  5. 顔画像の平均を作ってみよう
  6. 識別のための学習アルゴリズムを理解しよう
  7. 顔画像を識別してみよう
  8. 手書き数字を識別してみよう
  9. 機械学習ライブラリ scikit-learn 使ってみよう
  10. 画像をクラスタリングしてみよう
  11. クラスタリングを応用して画像の減色をやってみよう
  12. 深層学習の基礎となるアルゴリズムを理解しよう
  13. それを使って画像を識別してみよう
  14. 発表会の準備
  15. 成果発表会

2018年度のSJSの進行 [edit]

だいたいこんな感じでした

  1. mac を崇め奉る会(macの設定をして環境を整える)
  2. Python 入門
  3. Python + NumPy 入門
  4. Python + OpenCV 入門
  5. 顔画像の平均を作ってみよう
  6. 顔画像を識別してみよう
  7. 手書き数字を識別してみよう
  8. 機械学習ライブラリ scikit-learn 使ってみよう
  9. 画像をクラスタリングしてみよう
  10. クラスタリングを応用して画像の減色をやってみよう
  11. ほげほげしよう(個別に相談して決めたテーマにもとづいていろいろ)
  12. さらにほげほげしよう
  13. もっとほげほげしよう
  14. 発表会の準備
  15. 成果発表会

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-04 (土) 07:56:17 (87d)